NFT XSKY DAO

更新日:2月17日

xsky DAO 分散型自律組織への試み


DAO(分散型自律組織)ガバナンスモデルは、Web3.0の世界でますます重要な位置を占めており、近い将来、コーポレートガバナンスモデルに取って代わる可能性があります。


Web3.0のコンセプトに基づくNFTプラットフォームとして、NFTXSKYはDAOの可能性も積極的に探求します。


これより1年間かけ、様々な業界とコラボし、アート系、コレクション系に留まらず、 実用性があるNFTの実例を作り、プラットフォームを持続可能な発展の軌道に乗せます。


環境が熟したその時にxskyDAOを起動し、すべての初期ビルダーと参加者がDAOのメンバーになり、 共に成長し、発展し続けられるようにします。


そのため、xskyDAO起動まで小規模なエアドロップ(1%以下)を除き、トークン計画を一時停止します。 トークンはxskyDAOと同時に起動する予定です。


トークンの配布方式はエアドロップとなり、内訳については公庫へX%、チームへS%、外部貢献者へK%、xskyDAO NFT 保有者へY%となります。


まず、公庫トークンのA%とxskyDAO NFTによって取得されたBSVは、token / BSV流動性プールに注入されます。


そして、四半期ごとに、プラットフォームの手数料収入はトークン/ BSV流動性プールに注入されます。


上記計画は暫定的な内容であり、将来的に外部環境や参加者の期待に沿った形で実施する予定です。


NFTXSKYプラットフォーム、MetaIDシステム、Sensibleプロトコル、およびBSVチェーンの強化におきまして皆様のご協力を願っています。



閲覧数:30回0件のコメント